FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『レベル7』 宮部みゆき

レベル7宮部みゆき

レベル7まで行ったら戻れない――謎の言葉を残して失踪した女子高生。記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がったのは「Level7」の文字。二組の追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく…

面白くない事はないのですが。
沢山読みはじめると、なんて言うか、赤川次郎臭がしてきちゃいますね、この方。
流行作家だからコレでいいんだとは思いますけど、大の大人が腰据えて読む分には若干軽いかなぁ…
軽いんですけど、エグいシーンが結構きちんと気持ち悪かったりして、そこ必要か?みたいな…笑
レベル7の謎がかなりライトだったのと真犯人が読めまくっちゃった点は残念ですが、最期のどんでんラッシュは良かったです。
あと、女子高生の件はオレ的にはいらなかった気もするなぁ…

ブレイブ・ストーリー宮部みゆき

そういえばコレの前に同筆者の『ブレイブ・ストーリー』も読んでました。
こちらはファンタジー作品なのですが、現実世界での導入部分が長いのなんの。
で、ファンタジーパートに入ってしまえばお話としてはそれなりに面白いのですが、ファンタジーとして捉えた場合は若干微妙かなぁ、と言う感じ。
ファンタジーの醍醐味とは架空世界の空気感だと思うのですが、この人のは緻密でリアルだけど映画のセットみたいな肌触り、というか…

ちなみに後でアニメ映画のほうも見ましたが、こちらは更にペラッペラで、原作が名作に感じるレベルでした。主人公のショタは可愛かったですけどね。

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『女王天使』 グレッグ・ベア

女王天使グレッグ・ベア

人格矯正セラピーにより犯罪が激減した未来都市ロス・エンジェルスにて高名な詩人が8人の弟子を惨殺するありえない事件が起こる。
詩人の足取りを追う捜査官マリア、殺人犯の心にサイコダイブを図る科学者マーティン…事件の真相は暴かれるのか?

ベアらしい作品で、面白いは面白いのですが、個人的には一番好みでない感じ…長いし、一番わかりやすい作風ではないしで、若干ダレる感じはあります。
物語としての決着は確かについているのですが、SF的にはもうひとひねり欲しかった気も。あくまで殺人事件の件はサブで、自我の存在がメインテーマだと思えばこんなもんかもしれませんが。
オレ的にはあくまで「火星転移」の前座、といった感じでした。



■大人気ゲイコミック遂に最終巻・発売開始!
B3_5
B=B=BANG !! vol.5CD-ROM版 ダウンロード版
■大人気ゲイコミック第四弾・CD-ROM版発売開始!
B3_4
B=B=BANG !! vol.4CD-ROM版 ダウンロード版
ゲイ向簡単恋愛シミュゲーム戦国!八天学園β版転入生募集中!
■諸々速報はこちらが早い目!?Twitterアカウント
FC2小説・さとみつ男児

人気ブログランキング にほんブログ村・ゲイ
↑ セクシー&エキサイティングなゲイブログをチェック!各ブログランキング

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『擬態―カムフラージュ』 ジョー・ホールドマン

擬態カムフラージュジョー・ホールドマン

サモア沖で見つかった謎のオーパーツは、はるか古代から地球上に存在したエイリアン「変わり子」を呼び寄せようとしていた…「終りなき戦い」のホールドマンによるネビュラ賞、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞受賞作品。

これも最近SF読んでみようのうちの一冊で、やっぱり新書版でした(笑。
現代でのオーパーツ研究、ヒトとして成長する「変わり子」、そしてもう一人の異星人と同時進行で語られてゆく感じは面白い。中でも生物はもちろん物質でもなんでもに変形できる無敵の「変わり子」の物語はなかなかでした。
それにしても、同性愛を経験した際に相手のケツを気遣ってちんこを細くするとか(笑、ホントにソッチで良かったのか?みたいな。

殊更にナチスや日本軍を残虐非道に煽って描いてたのは多少んー、と思わなくもなかったですが。
ナチスや日本軍が残虐じゃなかったとはいいませんが、だったらたまには連合軍側の残虐シーン、民間人の女子供までなで殺しにした空襲やら原爆やらもちゃんと描いてよー、と突っ込みいれたくなくもないですね。

紆余曲折はおもろかっただけに、オチは少しあっけなさ過ぎたかな…
あと、なぜ「変わり子」が恋をしたのかがよくわからん。
人生の多くを男体として生きてきた「変わり子」が、女体として男に恋をする…同性愛表現も伏線だったんでしょうが、それにしてもちょっといきなり過ぎた感じかなぁ…まぁ、だいたい恋なんてそんなモンですけどね。

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『探索者』 ジャック・マクデヴィット

探索者ジャック・マクデヴィット
美人パイロット・チェイスは古美術商アレックスの指示で失われた伝説の惑星・マーゴリア捜索の為銀河を駆け巡るが…「ハリダンの紋章」に続くマクデヴィットのネビュラ賞長篇部門受賞作品。

最近のSFも読んでみるかなぁ、と思って買ってみた一冊。
とりあえず文庫ばっか読んでたワタクシ、封を開けた時新書版だったんで少しギョッとしました…読む時ちょっと重いしねー(苦笑
オモロいのですが、一万年後という遠未来が舞台にも関わらず、人類の生活様式にほぼ変化がありません。そういう意味ではハードSFというより古き良きスペースオペラって感じですね。
その範囲内では普通におもろかったですが、新書を新品で買うほどじゃないかもかなー。とか言っちゃまずいか、作家が(苦笑
ちなみに、前作「ハリダンの紋章」は未読です…(汗

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『タイタンの妖女』 カート・ヴォネガット・ジュニア

タイタンの妖女カート・ヴォネガット・ジュニア

全米一の大富豪マラカイ・コンスタントは波動現象として存在する元宇宙飛行士ラムファードに驚異の未来を宣告される。富も記憶も奪われ、地球から火星、水星へと太陽系を流浪させられるコンスタントの行く末と、人類の究極の運命とは?

多少昔の作品な事もあって、設定やら訳やらも古く、シニカルさの方向性などがあまり好みでない事もあって、どうかなぁ?とか思いつつ、ボチボチと読んでいたのですが、読み終わってみると結果、非常におもろかったです。

様々に評されそうな作風ですが、私的には…うーん、どうだろう、ゴミ箱の中から宝物が出てきて、でもそれはけっして美しくなくて、だからこそ逆に美しい、みたいな?
この作品を読んで娯楽作品、しかもつまらない、と感じる人もいるだろうし、ある種の美を描ききった芸術作品、と感じる人もいるだろうけれど、私はむしろその両方であったような気がして、それがこの作品の良さという気がしました。

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT