FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

男子フィギュア俺様ランキング

改めて感じるのが、メダルを獲ると獲らないのでは、本当に世間様の扱いが違うなぁ、って事ですね~(笑。
私がフィギュアをちゃんと見始めたのは長野くらいからなのですが、当時を思えば(日本開催なのに、たしか武史が15位くらい?女子でも10位に入ってなかったもんなぁ…荒川)現在の日本選手達の成長は夢のような状況ですな。
で、あり溢れた情報を繰り返しても仕方ないので(笑、思いきり主観にふった俺様的感想を書いてみまっす!

第1位:高橋大輔
トリノ前の世界選手権で日本男子オリンピック枠をひとつに減らしてしまった高橋、織田を破ってその一枠で出場したものの結果8位と期待された結果を残せなかった高橋、四回転の安定度を増し世界最高得点を更新してオリンピックの金メダル候補トップに躍り出た高橋、選手生命に関わる故障によりオリンピック直前の大事なシーズンをリンクに立つ事なく過ごした高橋。
そんな悲喜交々の全てを、何より彼自身の演技が忘れさせてくれたような気さえする。
試合である以上、勝つ事は大事だが、高橋にとってはただ勝つ事より勝ち方が重要だったのだろう。彼のフリーの演技は、その心意気の全てを体現した素晴らしい作品であった。テレビなどでも驚くほど「もし四回転を回避していれば…」的なアレなコメントを聞かないのは、それだけ彼の演技に説得力があったのだと思う。私にとってのチャンピオンはまぎれもなく高橋大輔だった。
もしも三月の世界選手権に出場するのであれば、是非とも自身の持つ世界最高得点を更新する勢いで、彼の演技が本当のチャンピオンに相応しいものであった事を、誰の目にもわかるように証明してほしいと思う。

第2位:小塚崇彦
オリンピックで自身初めての四回転を決め、更に自己ベストを更新しての入賞。鬼門3アクセルの失敗はあったものの、若い彼の演技がフリーで初めて会場のスタンディング・オべーションを生んだのは実に素晴らしい!ほんの少し前まで演技にお遊戯っぽさが残っていたのだが…おじさんは嬉しいよ、チミの成長が!
一見地味に見えるが意外とやんちゃな一面も持つコヅティー、上には最強センパイ高橋・織田、下からはルーキー羽生らがグングン追い上げてきていて大変だとは思うが、セクシーなスケーティングとキュートな高速スピンとでこれからも頑張ってほしいものである。

第3位:ジョニー・ウィアー
トリノあたりまでは正直ピンとこなかったのだが、ここ数年で深みを増してきた演技とその安定感のある技術で非常に成長したスケーターだと思う。今大会でもSP、FSとほぼノーミスの演技を見せてくれたのに、あいかわらず全く点が伸びなかった。大やランビまでとは言わないが、構成点が一要素も8点台に届かないのはちょっとおかしい気がする。
そんな状況の中でも、しっかりパーソナルベストを更新してくれたのがとても男前。これからも応援しますぜ、ウィアー姐さん!

第4位:エバン・ライサチェク
悪い予感はよく当たるというか(汗…大とプルばっかテレビでやってるの見ながら、「普通に金取りそうなのはライサチェックじゃねぇ?」と思っていたフィギュアファンは結構多いのではないだろうか?(苦笑
正直、逃げ得感を禁じえないプログラムではあったが、まあそれはそれでひとつの戦い方な訳だし…それに何より高橋の演技が本当によかったので、「まあ、金メはエヴァンでいいよ、エヴァンで」という辺りが正直な感想か(笑?それでもショートの勢いのままフリーもいってくれてたらもう少し盛り上がったのだが…やや迫力に欠けたのが残念。でもまあいいよ、金メはエヴァンで。

第5位:ジェレミー・アボット
ショートで15位、更にフリー序盤のジャンプで失敗したにもかかわらず、後半の演技で踏ん張り、総合で9位にまで盛り返してきた精神力が、ベルネルあたりとは一味違う(笑。自分的には日本人二人目の世界チャンピオン・佐藤有香がコーチをしているというイメージしかなかったジェレミーくんだが、今回は気合いの入った意地の表情にちょっと惹かれた。それにしても、彼やリッポンらの成長を見てると、今後も大米帝国の覇権は続きそうである。

第6位:織田信成
殿は…オリンピックでもバッチリ魅せてくれました(爆!演技中に靴紐切れるのなんて「あの」ハーディング以来じゃないか?…さすがは織田クン!
ただ演技の方は…SP、FS通して、正直ちょっと不完全燃焼気味か?単に四回転を回避したというだけでなく…全般に彼の良さが弾けきってないような…。高橋がよく突っ込まれていたメンタル面ですが、実は殿の方が繊細な気がする。そんなこんなも含めて、誰かさんのコーチングとかはどうなのかな?という感じもあったりなかったり。

第7位:エフゲニー・プルシェンコ
四回転こそバッチリ決めたものの、全体的にどうにもパッとしない演技にプログラム…かつてのツァーリ(皇帝)感を彷彿とさせたのは、正直醸し出すオーラとパフォーマンスの技量だけだったような気も…(汗。同じ復活組でも申・趙ペアに比べ、プルとランビはちょびっと期待はずれだったかなぁ…ただし、彼の復帰&四回転の存在が他の選手の刺激になったのは確実。今大会を盛り上げた功労者の一人である事は間違いないだろう。


何か、書いてたらホンマきりがなさそうだ(汗…各選手への感想はこんな所にしておきます。

で、演技以外の所で物議を醸し出したのが、カナダ、パトリック・チャンの構成点てんこ盛り疑惑!

ゲイ向簡単恋愛シミュゲーム戦国!八天学園β版(Ver.0.57)」転入生募集中!
■モバイルサイト仮オープン!さとみつ男児mob
FC2小説・さとみつ男児

≫ Read More

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 日記・雑記 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |