FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「不自然な養子縁組」法務省が全国実態調査

同姓婚が認められていない我が国では同姓のパートナー達が「婚姻」の代償として「養子縁組」を結ぶ事がままあります。

実際に男同士(女同士ももちろん)で生活を共にするとなると、いろいろ大変ですよね~、何かと無用の説明やら言い訳やらを用意しなければならなくて。
で、説明してすむ範囲ならいいのですが、万が一パートナーが不慮の怪我をしたり亡くなったりした場合、家制度の名残が色濃く残るわが国の制度の下では「家族」でない場合あくまで「赤の他人」として扱われ、自分が最も理解しているはずのパートナーの意思を尊重してあげられない、などの、のっぴきならない事態になってしまう怖れがあるのです。

そこで手っ取り早く「家族」になれる「養子縁組」制度が使われてきた訳ですが、これまででも年の近い二人が養子縁組を申し込むと役所の職員が集まってきて何やら相談し始める、みたいな場面がみられたそうですから、法務省が「不正な目的で養子縁組が利用されているのは問題。現場レベルでふさわしい対応策を検討している」などと宣い始めた今後は、更に同姓カップルによる「養子縁組」制度利用の敷居が高くなってくるような気がします。
もちろん今回の「不正な目的」ってのは、先日あった養子縁組保険金殺人事件みたいのを指してるんでしょうが、お役所様が「同姓カップルが養子縁組制度を利用するのは不正行為」って言いださない保証はどこにもありませんからなぁ…

ただまぁ「養子縁組」はあくまで代償的行為なので、これきっかけで同姓婚パートナーシップ法なんかが議論される方向になればいいんですけどね。
そういう意味では、どちらかといえばリベラル寄りな民主党政権の間がチャンスだとは思うのですが、どうなんでしょうね。

■大人気ゲイコミック第四弾遂に登場!B=B=BANG !! vol.4 」
ゲイ向簡単恋愛シミュゲーム戦国!八天学園β版転入生募集中!
■諸々速報はこちらが早い目!?Twitterアカウント
FC2小説・さとみつ男児

人気ブログランキング にほんブログ村・ゲイ
↑ セクシー&エキサイティングなゲイブログをチェック!各ブログランキング ↑

≫ Read More

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 日記・雑記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |