FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ウォッチメン』 ザック・スナイダー監督

ウォッチメンザック・スナイダー監督

漫画作品としては唯一ヒューゴー賞の特別部門に選ばれたアラン・ムーア原作のアメコミSFヴィジュアルノベルの映画化作品。
思い入れがある割に感想書いてなかったので、先日改めて観なおしたので、書いてみようかなー、と。
基本的に原作ファンの私ですが、まあまあ悪くない出来の映画に思いました。頑張ってる故に惜しい!という所もあったので、その辺つらつらと書き連ねてみます。

この作品の「キモ」は、スーパーマンなどのいわゆる善玉「アメリカンヒーロー」像に対する、アメリカ人自身のブラックユーモアというかアメリカンジョークというか、な部分だと思います。
ですから『ウォッチメン』のヒーローは基本、普通のお巡りさんなり親分衆なりが衣装を着替えただけの凡人系ヒーローな訳で(Dr.マンハッタンは違いますけど)、その辺がいかにもハリウッドなアクションシーンが登場する映画版では、超人系ヒーローとの差がイマイチわかりにくいような印象を受けました。
まぁ『ウォッチメン』達は凡人系でも「キック・アス」の主人公とは違って強いは強いので…スマートでカッコいい系じゃなくもうちょっと泥臭いアクションシーンにして欲しかったですかねー、私の趣味でいえば。

あと何より!!映像化で一番楽しみにしていたのがラストの大破壊のシーン!!!!だったのですが…!!
あれがねー、まぁ大変だとは思うのですがねー…至極普通ーになっちゃったんですよねー、映画版ではねー…そこが何より何より何より何より残念でしたねー(遠い目
まさにあそこは「ジョークのオチ」だっただけに…くぅっ!気になった方は是非原作を読んでみてくださいませ!

≫ Read More

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 映画日記 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |