FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ブラッド・ミュージック』 グレッグ・ベア

闘病中、とりあえず積み気味だった本だけはちょっと読めました…汗

ブラッド・ミュージックグレッグ・ベア

天才(天災?)遺伝子学者ウラムは、自分の白血球から“知性細胞”を作りだす事に成功。だがこの違法行為が会社にバレ、全ての研究成果の破棄を勧告されたウラムは、咄嗟にその“知性細胞”を自らの胎内に注射してしまうのだった…
SFの大家ベアを代表するバイオ系ヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞作品。

うーん…凄いです。
最初はただキモい感じで進んでいくのかなーと思っていると、ただ事でなくキモい感じになってきて、最後はも~キモい処の話じゃなくなっちまいます(笑
もちろんただ単に「悪者」としての“知性細胞”が引き起こすパニックモノ、とか言うレベルでなく、異種族コンタクトやら情報力学やらメタモルフォーゼやらのSF要素が、これでもかこれでもか、と贅沢に組み上がってゆく様は、久しぶりにサイエンス・フィクションの真価を堪能させてくれました。
それにしても、体調の悪い時などに自分の「血の音(楽)」を聴く事などはありますが、天才はそれをきっかけにこんな作品を書きあげてしまったりするものなのだなぁ、と、ちょっと遠い目に…

「80年代の『幼年期の終わり』」という評判は伊達ではありませんね、素晴らしいの一言です。
かなりキモいので、読む人を選ぶ作品ではありますけど…あと、あまり熱が出てる時に読むのもお勧めしませんね(苦笑

≫ Read More

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |