FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『日本の恋と、ユーミンと。』 松任谷由実

日本の恋と、ユーミンと。松任谷由実

初めて荒井時代・松任谷時代を全て網羅したユーミンのベストアルバム。
私のように彼女のオリジナルアルバムを大抵持っている人間にとって、ベストアルバムの価値とは、選曲とその並び順の面白みくらいしか意味がなかったりする訳ですが。

そういう意味で松任谷自身が選曲したという「NeueMusik」に比べて、スタッフが選曲した近作はいまひとつふたつみっつイマイチな感じ。「きみなき世界」や「VOYAGER」のような「こう来るか!?」感もあまりないし、何と言っても「NeueMusik」とダブってる曲が多すぎだろ、幾らそれがベストの宿命とはいえ。

個人的には「星のルージュリアン」あたり突っ込んできて欲しかったねぇ…
曲力で言えば「DOWNTOWN BOY」や「時をかける少女」や「SWEET DREAMS」あたりは毎回ベストに入れてこなくていいかも。逆に「青春のリグレット」や「青いエアメイル」、「DESTINY」あたりを抜いて他の曲突っ込んでくる勇気、みたいな。
虎の子の新曲「青い影」がイマイチだったのも残念。
あとこのこっ恥ずかしいタイトル(汗、何とかならなかったんか…

荒井&松任谷のミックスも微妙な感じだし(そもそも荒井時代と松任谷時代では作品の存在感がカンヌとアカデミーくらいの違いがある訳で汗)普通に「ユーミンブランド」と「NeueMusik」を聴き分けた方がいいじゃん、という気もしつつ。
まぁ、超初心者向けにはいいかもしれませんね。

ただし三枚のうち、DISK2は選曲・曲順ともになかなか秀逸でした。
【WEB拍手】ゲイ2

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 音楽日記 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |