FC2ブログ

さとみつ専用ブロググ

さとみつ自身による、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『風立ちぬ』 宮崎駿監督

風立ちぬ宮崎駿監督

この作品、もともと好み臭かったので普通に観にいくつもりだったのですが、あまりに世間様の評判が良いのでなんか面倒臭くなりかけてた所に、例の引退宣言でひょっとすると崎さんの遺作になるかも?、という件もあったりして結局劇場に足を運ぶ羽目になり。

で、結論から言えば傑作でした…残念ながら、アンチ・ジブラーとしては(笑

美化されつつも美しすぎない感じが美しい昭和初期の風景。優雅に苦悩する特権階級と、雑草のごとく背景を彩る庶民階級の対比。
夢と現実が入り乱れ、風吹く度に事が起きる浪漫的な展開。文武両道で正義感で天才、実に主人公的な主人公による理想的な仕事と理想的な恋、そして現実をつんと臭わせる結末…

ジブリのエンターテインメント技術を駆使して駿監督の心象風景を描写した風情の今作、思っていたより甘々ファンタジーだったのですが、それでいて作品の真ん中を酸っぱ苦いリアリティが一本通っていて…まさに「コクリコ坂から」あたりとは対照的な作品だったように思いました。

ジブリのアニメ力って巧みの技過ぎて、他の監督が使うと小賢しく見えて鼻についたりもするのですが、駿が仕切るとどうも収まりがいいというか…暴れ馬が名馬に生まれ変わる感があるんですよねぇ…
何が違うんだろうなぁ…リアルに描こうとするほど嘘が目立ち、逆にデフォルメを効かすほど真実が透けて見えるものなのか?むーん…表現の取捨選択のバランス感覚ですかね…
細かいんですが、どうでもいいようなシーン、家の中を子供が駆け抜ける場面で、手前の窓ガラスのガラスの昔感がちゃんと出てて。普通だとそういうシーンはアップにしたりして「見せたがり」たくなると思うんですが、あくまでもさりげないシーンの枠内に治めてて。そういうトコ、貧乏臭くなくていいですよね。

同じ飛行機の表現でも、夢サイドでの有機質的生物的なディフォルメと、現実サイドでの無機質でメカニカルなディフォルメの質感の対比っぷりは流石ですね…
また、個人的に当たり前だと思っていた「艦上戦闘機」という存在が、ものすごい試行錯誤の上に存在しえたのだなぁ、って事を改めて思い知らせて頂き、そういう意味でも新鮮でした(笑。
庵野秀明氏の声優っぷりもなかなか嵌っていて(中盤までその設定を忘れてた…)、現在の声優声優した声優陣に対する強烈なアンチテーゼだなぁ、と苦笑しました…年々、小津っとかぽい感が増してきますねぇ…

とりあえず、右だ左だタバコだ男尊女卑だなどとネットに流れているたいていの無粋な「風立ちぬ」論(俺自身のコレも含め(苦笑)よりは、映画自体の方が良い出来なので、一見の価値はあると思います。

何といっても、あのお年で、更にアレだけ作品を作られた上で、なお「新しい」ニュアンスの作品を創りあげる駿監督の力量には素直に脱帽というか、天才とは確たるものか、と感服いたしました。あるいは呆れました。
お疲れ様でした。
【WEB拍手】ゲイ1

■大人気ゲイコミック遂に最終巻・発売開始!
B3_5
B=B=BANG !! vol.5CD-ROM版 ダウンロード版
■大人気ゲイコミック第四弾・CD-ROM版発売開始!
B3_4
B=B=BANG !! vol.4CD-ROM版 ダウンロード版
ゲイ向簡単恋愛シミュゲーム戦国!八天学園β版転入生募集中!
■諸々速報はこちらが早い目!?Twitterアカウント
FC2小説・さとみつ男児

人気ブログランキング にほんブログ村・ゲイ
↑ セクシー&エキサイティングなゲイブログをチェック!各ブログランキング

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 映画日記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT