FC2ブログ

さとみつ専用ブロググ

さとみつ自身による、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウォールフラワー』 スティーブン・チョボスキー監督

『ウォールフラワー』 スティーブン・チョボスキー監督

DCコミックスのアメコミヒーロー映画『ジャスティス・リーグ』でフラッシュ役を演じるエズラ・ミラーくんが「少年は残酷な弓を射る」の子だと知って、そういえばこの映画観てみたいとかいいつつ観てなかったなぁ、とふと思い出して、amazonプライムで探してみたら見つけたので、ようのやくので観てみました(「少年は残酷な…」とぶっ続けのハシゴ観で二本、さすがに疲れた…)

お目当てのエズラくんもなかなか巧みにゲイ心を演じてて良かったんですが、主役のローガン・ラーマン、ヒロインのエマ・ワトソン共に可愛くて上手くて良かったです。
ストーリーも斬新、とか芸術的、とかいう感じではないですが、普通に面白かったですし…
ローガンくんは確か「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」で観た時はイマイチぴんと来ませんでしたが、この映画の役はずっぽりはまり役でした。
logan01.jpg

そういえば、私は個人的に以前からスクールカーストどうの、って話にいまいちピンと来なくて、オレなんていつも最下層だったけれどそれなりに楽しくやってたし別にいいよ、くらいに思っていたのですが、この作品の評で「友達がいて恋愛もしててドラッグパーティーでご機嫌にやってる奴のどこが底辺なのか」みたいなツッコミ見て、なるほど、と思いました。

恋愛やドラッグパーティするほど華やかな学生生活ではありませんでしたが(笑、なんだかんだでいつでも友達がいたし、体育祭ではおとなしくしてるけど文化祭ではそれなりに楽しくしてたし、最上位ではないしアウトローではあったけれど、少なくともカーストを意識するほど最下層じゃなかったのかもなぁ、と。
小学校上がった頃は本当に大人しいだけの子でリアル最下層だったんですが、リアル最下層だとすることないんで絵とか描いてて、気付けばその辺りきっかけでだんだん抜けてった感じなんですよね。
ある意味リアル最下層を経験しただけに、友達がいるってだけで満足してカースト的なものを気にせず楽しめたのは良かったのかもしれませんね。

そういう「スクール成り上がり?」を少しでも経験したことのある人にとっては肌触りの映画だと思います。
でも、最初からカースト上位にいた人には退屈だろうし、ずっと最下層にいる人にとってはむしろムカつく映画かもしれません。
【WEB拍手】ショタ

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 映画日記 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT