FC2ブログ

さとみつ専用ブロググ

さとみつ自身による、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ものすごく今更感ですが3D…

ものすごく今更感ですが、そういえば新しいTVが3D対応だったのでお試し的に3D映画を2本観てみました。

アリス・イン・ワンダーランド
この映画は前に一度借りて、その時退屈でとうとう最後まで観れなかった、というある意味印象的な映画だったのですが(苦笑、今回レンタルに在る3D映画が他になかったので仕方なく借りてみることに。
基本的な退屈さそのものは変わらないのですが、3Dで観ることにより、おそらく監督が創りたかったであろう不思議の国のディティール感が増し、休憩を挟みつつも何とか今回は最後まで観切ることができました(笑

それにしても、アリスに剣持ってドラゴンと戦えというムチャ振りからの展開で、まさかアリスが剣持ってドラゴンと戦って終わる、という展開はある意味で吃驚でした(汗…
ストーリー展開としても陳腐だし、アリス的な世界観もぶち壊し、アリスin不思議の国というより、アリスinハリウッド映画ありがちの国といった羽目に…最後まで観た意味がほぼなくて、途中で止めた当時の俺正解、と自分で自分を褒めてやりたくなりました…(苦笑

ジュピター
この映画は音源がDolby Atmos収録で、3Dの評価も高かったので、3Dお試しBDとしてちょうど良かろう、と思いセレクトしてみました。

映画そのものは「フィフス・エレメント」の縮小コピー版、みたいな感じですが、アトモスの3D音源に加えて画面も3Dで、という事になってくると、もはや映画というよりちょっとしたアトラクションといった趣になってきますね~
序盤の現代都市の空中戦からスペースオペラらしい世界観まで、3Dで観るからこその拡がり、深みを感じることができます。
この映画とか特に3Dで観るのと2Dで観るのとではギャップが大きいんじゃないでしょうか?

一方で、確かにアトモス効果&3Dの合わせ技で空間表現のディティールや迫力はぐんと増しますが、正直情報量があり過ぎて、3Dメガネの不馴れさも合わせて結構疲れちゃいました(苦笑。
そういえば、しばらく見てる(一時間くらい?)とメガネの電源が自動に落ちちゃうんですが、これって休憩入れろ、っていうサインなんですかね…(苦笑


で、結論としては、3D映画を目いっぱい楽しむには自宅のテレビではやはり画面が小さいように思いました。
70とか80、大型テレビというよりむしろプロジェクター級の大画面でみないと、映画の世界感に入り込むというよりは、ミニチュアの箱庭をのぞき込んでいるような印象になってしまい、テレビ周りの3D環境がすっかり衰退しちゃったのも何となくわかるような気もします。しかも4KやらHDRやらになってくると、2D画像でも十分な情報量ですしね…
何より3Dメガネをかけたままだと仕事できない!ので(苦笑、個人的にはあまり3D方面には深入りしない予感がプンプン…

誰かが書いてましたが、次に3Dがブレイクする事があるとすれば、VR方面かもしれませんね…
【WEB拍手】ゲイ1

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 映画日記 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://satomitsu7.blog54.fc2.com/tb.php/1919-25937e39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT