FC2ブログ

さとみつ専用ブロググ

さとみつ自身による、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PlayStationVR

いきなりですが、PlayStationVR のセカンドモデルを発売日購入してみました。

PSVR、もともと興味はあったのですが、品薄商品を転売屋から高価で買ったり、定価商品を並んだり調べたりしてまで欲しい訳でもなかったのでスルー状態だったんですが、新型発売で割とどこでも買えるよ、という情報を聴いて、結局ご近所のNojimaまで行って買ってきちゃいました(笑

新型モデルは必ず必要なPSVRCamera標準装備で若干の値下げに加え、初回モデルで最大の問題だったHDRパススルーなどの追加機能も備えた安心仕様に進化してます。
PSVR.jpg
何でカメラいるんだろう?って不思議だったんですが、カメラでVR本体の方向情報を読み取るんですね~なるほど~
地味にPS4が顔認証ログインできるようになったのが便利だったりして。

で、付けてみての第一印象は「う、意外と画像汚いなぁ…」
TVにPS4本体、スマホすらも4K対応が出始めてる今のご時世を思えば、あまりに画像がお粗末感。
ブルーレイ世代を体験せず、DVD世代からいきなりここに来てたら問題なかったかもしれませんが。

ですが、VR独特のヴァーチャルリヤル感は、その画像の粗さを補って余りある存在感です。
無料ソフトやYoutubeのVR画像を試し見した程度ですが、映画やテレビではまぁまぁ感のあった3D映像が、VRになって初めて真の実力を発揮するのだと思い知りました。

イチャイチャ系動画とか、顔近すぎて、照れくさくて視線を反らしてしまう感あります。ある意味、画像が悪くてちょうどいいレベル(苦笑。
VRが12歳以上の年齢制限を設けているのもうなずけます。コレ、未熟な状態で経験すると完全に境界線わかんなくなりますよ…本当に帰ってこれなくなりそうです。
とか言いつつ、ドキドキしてる真最中、いきなり人物がカメラ同士の境界線に入って変に切れちゃう感じとか、まだまだ過渡期感あって味わい深い。
将来、懐かしのVR初期時代的表現として、映画なんかでわざとそういうのを再現したりするんでしょうね…

絶景や異国風景なんかも、360度全景でみると没入感が結構すごい…
正直、これで更に3D技術が向上、画質も4Kとか有機ELとかになり始めたら、わざわざ大金払ってリスクを負ってまで海外とか旅行行く必要が本気でなくなるんじゃないか、と思いました。
評判のいいシネマティックモード(VR非対応の動画や映画、ゲームなどを疑似大画面で鑑賞・プレイできるモード)ですが、確かに迫力はありますが、散々書いてますように、どうしても映像が綺麗じゃないので、フルハイビジョンや4kアップスケーリング対応の大型テレビとどっちがいいか?と言われれば、正直どっちを取るか微妙な感じ。
ただし、以前の日記で「ちゃんと楽しむには大型テレビでも小さい」と文句を垂れてた3D映画に関して言えば、バランス的にこっちの方が良いと感じました。

早々に飽きて売るかもしれませんが、それまでに色々探してみたいと思います、エロいのやらもちょこちょこでてきてるっぽいので…(笑
何か良さげなの見つけたら、ここでも紹介しますね…

最大の問題は、画面が近すぎるためか、超絶目が疲れる点でしょうか?
ですが、この調子でVR技術が進化すればいずれ、映画もテレビもネットも、全ての2DメディアはVRに取って変わられてゆくのは間違いないでしょうね。
【WEB拍手】ゲイ1

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| ゲーム日記 | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://satomitsu7.blog54.fc2.com/tb.php/1959-dbab9ca4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT