FC2ブログ

さとみつブログ All Night

さとみつの、さとみつによる、さとみつ男児の行動学的展示ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「オデッセイシリーズ~2001年宇宙の旅」 アーサー・C・クラーク

2010年という事もあり(笑、サー・クラークによるあまりに有名なSF小説シリーズを読み返してみました。

■「2001年宇宙の旅アーサー・C・クラーク
この小説はキューブリック監督による映画とは同時進行で書かれた作品で、原作でも映画のノベライズでもありません。後日クラークは「(キューブリックとの)レイプはお互いさまだったよ」と述懐されています(笑。
小説版と映画版の最大の違いは小説版の最終目標が土星である点。
土星に向かう足ががりとして木星を利用したスイングバイを行うシーンは見どころのひとつですね。ちなみに映画版で土星が没になったのは「輪」の表現が難しかったから、といわれています(笑
ナレーションやBGMなどを極力まで省いたため、非常にわかりにくい仕上がりになっている映画版と比べ(もちろんその点が映画の評価を上げてもいるのですが)、小説版ではHALの反逆理由からボーマンの運命まで、きちんと克明に描かれています。
それにしてもコンピューター知性の神経衰弱、当時としてはかなり尖んがった設定だったのでしょうね…ここん所が表現しきれていない点がクラークはどうにも気にくわなかったようで、後日の「2010年」の制作につながってゆきます。

■「2010年宇宙の旅アーサー・C・クラーク
こちらは小説版でありながら、最終目的地は映画版と同じ木星に変更されています。これはもちろん、ルシファ―誕生という壮大な「オチ」に繋がる大きな伏線という訳ですな。
「ソビエト連邦が存続している」というありがちな近未来SF的エラーこそ存在しますが(米ソの対立がストーリーに大きな影響を与える映画版と異なり、小説版は「ソ連」→「ロシア」と書きかえればそれなりに成立しそうな和気藹々ムードです)、2010年の時点で中国が米国に肩を並べる大国に成長しつつある、という設定などは、流石クラーク様の千里眼を窺わせます。

また些事ではありますが、主人公のフロイドがレオーノフ号クルーの恋愛事情について同僚のカーノウに意見した後、「あの動機はどうやら、陽気なバイセクシュアルに対しホモあるいはヘテロが抱く嫉妬心だったらしい」と自戒しているシーンが印象的でした(笑

■「2061年宇宙の旅」 アーサー・C・クラーク
あまりに壮大な前二作から比べれば、比較的小粒な印象を受ける本作。
南アフリカ連邦の革命が作中のストーリーに大きな影響を与えていますが、御承知の通りすでに南アはアパルトヘイトも廃止、黒人大統領も誕生しており、今年はワールドカップも開かれました。歴史が小説に先んじた例のひとつといえるでしょう。

また、今作でもキッチュなゲイの芸術家夫々がちょこっと登場、散々毒を吐いています。
個人的には2061年くらいにはそろそろ、ゲイが毒を吐かなくてもすむ時代になっていて欲しい、と思うのですが(笑…それ以前の生物学的特性だとすれば、仕方ないかもしれませんね…

■大人気ゲイコミック第四弾遂に登場!B=B=BANG !! vol.4 」
データ版コミック P122(P126、カラーP6相当)PDFファイル形式
■転入生募集中!ゲイ向簡単恋愛シミュゲーム戦国!八天学園β版
■やんちゃショタ系flashゲームシリーズ・『Childhood's End』 R18
■諸々速報はこちらが早い目!?Twitterアカウント
■モバイルサイト仮オープン!さとみつ男児mob
FC2小説・さとみつ男児
第四弾・『T・I・no/N(ティノ・ン)』(現P2)■ゲイR18
第三弾・『スケベだらけのおれの放課後』(現P15)■ゲイR18
第二弾・『真夏の由宇くんパパ』(全P10)■ゲイ・ショタR18
第一弾・『男痕(だんこん)』(現P12)■ゲイR18

人気ブログランキング にほんブログ村・ゲイ
↑ セクシー&エキサイティングなゲイブログをチェック!各ブログランキング ↑





satomitsu7

川島はどや顔というか、どや顔顔なんだよなぁ…
07-06 00:23

ブログを3カラムにしてみた関係で、何となくツィートブログパーツを復活してみました。重くないですか?http://bit.ly/aWqv5x
07-06 10:17

小林尊氏の逮捕とか釈放とかって、そんなに重要なニュースなのですか?
07-06 10:20

川島もう海外行っちゃうんか…薄T、カワユス。
07-06 11:42

ハレルヤシスターズが盗撮被害に。元薔薇族の編集さんに聞いた話によると、デブ専よりよっぽどゲイの方が市場でっかいらしいですよ。
07-06 11:57

何となく気になって、改めてアポロ陰謀論について色々ググってみた。正直、小学生の頃ボイジャーの土星探査に興奮しながらも、「ホントにボイジャー、土星までいってんのかな?」と疑ってかかってたワタクシ、最初に陰謀論のテレビ見た時は「もしや…」と思ったものだ。
07-06 14:03

ただ結局空に星が写ってないだの、真空で旗がはためいているだのと、当時のSF少年レベルでも論破できそうな証拠が挙げられているのには参った…結局は番組そのモノがジョークだったんだそうだが。
07-06 14:09

残念なのは、たかだか高度400kmの辺りを宇宙だと思ってる世代が、40年前のアポロをでたらめだと思っても仕方がない、と妙に納得してしまう所かも(汗…2010年、クラークの小説上では二回目の木星有人探査が行われている年である。
07-06 14:27

で、ブログの改装ほぼ終了。シンプルすぎます?でも、まぁいっか。
07-06 15:19

テレ東でやってるジョーズモドキ、凄げぇな…
07-06 15:24

こんなの見つけた!かぐやによるアポロのハロー http://bit.ly/9mQvJc LROによるアポロ着陸船痕 http://bit.ly/aop6t1 …でも懐疑論者にとっては、どれもこれも捏造という事になるんだろうなぁ…汗
07-06 16:06

クラークのオデッセイシリーズを読み返していたのだが、ハードカバー版で持っていた3001年を売っぱらっちゃてたのを忘れてた…汗
07-06 20:25

実家から送られてきたサンプル版CDを発掘。最近送ってこないのは、あんまりサンプル版がつくってないからなのね…
07-06 20:59

Web Clap with Sexy Boys Art! 拍手する 御礼画像付web拍手 R18
| 読書日記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://satomitsu7.blog54.fc2.com/tb.php/843-e27b292f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT